事業内容

○電気設備工事

福来電設工は太陽光発電装置の設置工事や、スマートハウス化工事、オール電化工事以外にも、一般的な電気工事、設備工事も行なっております。エアコンの取り付け工事、エアコンの取り外し工事、分電盤の交換工事、換気扇の取付工事、換気扇の取り外し工事、一般用電気工作物新設増築工事(住宅、小規模事業所、ほか)自家用電気工作物新設増築工事(高圧受電事業所)小規模配線工事(コンセント増設、照明器具スイッチ増設工事)など、電気のこと、水道のことで、ご相談、トラブル等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

○太陽光発電

太陽光発電で発電した電気は当然、家庭用の電力(自家消費)として使用できます。太陽での発電電力は、電力会社へ売ることができます。(売電)また、使った電気の量を、電気モニターを通して見ることができるので家族の節電意識が高まり、使う電気の量も少なくなる事が見込まれます。

太陽光発電システムの場合、地震や台風などの影響で停電になっても、太陽が出ていれば発電できます。自立運転に切り替え、専用コンセントにプラグを差し込むだけで、テレビの視聴や携帯電話の充電などができるので安心です。
※停電時に太陽光発電システムは最大約1.5kWまでの電力を使用できます。

エコの観点で疑問視される太陽光発電などのクリーンな発電システムですが、実際問題将来的に無くなるであろう化石燃料の代替エネルギーとして、最も現実的なものの一つが太陽光発電であるということは現時点で間違いない事実だと思われます。太陽光発電システムの寿命は約20年〜30年ですが、その多くの部分はリサイクルすることが可能です。

○オール電化工事

オール電化は、「電気」「ガス」「灯油」といった様々なライフラインを「電気(電力)」に一本化します。多くの場合電力会社は、オール電化住宅向けの電力プランを用意していることが多くなっています。こうしたオール電化に向けたプランは昼間の電気代が高い代わりに、夜間電力が大幅に安くなっています。オール電化住宅の場合、多くの電力を夜間に消費するので、こうしたオール電化住宅向けの深夜電力プランを活用することでさらに光熱費を削減することができるようになります。

オール電化住宅(IHクッキングヒーターなど)は直接炎を使うことがないため、火災の直接的な原因になりにくく、鉄以外の物があたっても熱くありません。実際に、IHクッキングヒーターの上に紙をのせても出火しません。IHクッキングヒーターの導入で火災やコンロによる事故というリスクを大きく減らすことができます。またIHクッキングヒーターから生じる電磁波は十分な安全性を考慮した上で設定された国際的なガイドラインを大きく下回っています。安心して安全にお使い頂けます。※心臓用のペースメーカーをお使いの場合は念の為専門医師にご相談の上お使いください。

深夜電力を主に使うオール電化はエコロジーです。オール電化の場合深夜であっても電気を作り続けるしかない電力を効率良く消費できます。電気は保存できませんので、深夜に作られている電力は毎日無駄になっいます。オール電化住宅では、その余っている(安い)深夜電力を活用してお湯を沸かしたり暖房の熱源を取得したりしています。オール電化にすることにより昼間に消費するはずの電力消費を抑えることができ(昼間は電気代が割高なのでエネルギー消費が意識的に抑制される)、電力会社が発電する総エネルギーを抑えることができると言えます。

○スマートハウス化

福来電設工は話題のスマートハウス化工事をしています。新築でのご相談はもちろん、リフォームをお考えのお宅でもオール電化、太陽光発電システムとHEMS、蓄電池などを組み合わせる事でスマートハウス化することができます。

スマートハウスは賢い住宅と言えます。太陽光発電システムなどで作ったエネルギーで、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことHEMSが挙げられます。

太陽光パネルや蓄電池、家電、電気自動車、給湯器などを無線でつなぎ、家庭内のエネルギーの使い方を管理して省エネルギーにつなげる仕組みです。エネルギーの使用量などを「見る化」し、「コントロール」することが可能になります。
例えば、電気の使用状況や太陽光発電による発電量、余剰電力があれば電力会社への売電状況などをパソコンやスマートフォンでいつでも見ることができるようになったりします。また、多くの機種で機器類の監視や遠隔操作が可能です。

蓄電池は二次電池とも呼ばれる電池の一種で、充電することにより電気を蓄えることができ、一度消費しても充電することにより再度電池として使用することができるタイプの電池を指します。以前は電気を貯めておいて使うということはコスト面などから現実的ではなかったのですが、最近は住宅用蓄電池や産業用蓄電池の普及が始まり、現実的に電気をためておいて必要なときに使えるようにになってきました。(蓄電池購入者には国から補助金を受けることができます。)蓄電池の実用化と普及により、太陽光発電、深夜電力、オール電化、と蓄電池、HEMSを組み合わせてエネルギーを大変効率的に利用することが可能になりました。福来電設工ではこれらの工事(スマートハウス化工事)を専門的に行なっております。お気軽にご相談ください。

事業内容

© 2016 Fukudensetsukou. All Rights Reserved.